美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例3

【美容鍼、症例3】

・患者像
Oさん 40代 女性

・来院
2016.4

・症状
主訴:小じわ、クマ

40代の方でしたが、ここ最近になって今まで気にならなかった小じわが気になり始めていらっしゃいました。クマは以前からも気になることが多く改善せずにそのままにしていたようです。元々、肌のキメは細かくて普段からのケアをしっかりされている方でした。


・治療経過と内容
治療方針:血流改善による目の周りの小じわとクマの改善

基本的には目の周りのツボを中心に施術。それ以外にも胃腸の状態が悪かったりすると本来の位置でキープすることがしにくくなってしまうので、自律神経の調整をして胃腸の働きを正常に戻す施術も施した。クマに対しては目の周りのツボを使用するだけでなく、睡眠の質を改善していくためのツボを使用した。


人体イラスト-女性2.jpg


・同時に治療した症状
胃腸の働き改善、睡眠の改善、頚周りのコリ


・使用した主なツボ
三陰交、足三里、天柱、風池、球ご、さん竹、し竹空、上上明、自律心体療法


・考察
現代的なクマの分け方でみた結果、皮膚を軽く引っ張ると改善したので血行不良が原因ということがわかったので、血流の改善をしていくということを中心に施術していきました。体の冷えもやはりあって、セルフケアなどで冷え改善も指導していくことが出来た。最近は自覚のない身体の冷えの方が増えているような気がする。