美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例13

【美容鍼、症例13】
・患者像
Wさん 40代 女性

・来院
2016.10

・症状
主訴:ほうれい線、たるみ、クマ、むくみ
少し前から、お顔のむくみやたるみなどが気になっていてその後にほうれい線も深くなっていったことがきっかけで来院。もともとの首のこりもあったのでクマや頭痛も気になってきた。全身の血流も悪く、下腿のむくみから足もパンパンになることが多くなってきたこともあったようだ。


Wさん、40代、女性 10/28.jpg


・治療経過と内容
治療方針体全体の血流を良くしていき頚から頭への血流も改善させてお顔の症状も改善させていく
筋肉の緊張から体全体の血流が悪くなっていたので、その改善を中心に頚の硬さから頭に行く血流が悪くなりやすくなっていたので、頚周りの緊張緩和もその次に重要なこととして施術に当たっていった。1回でお腹の筋肉の緩みなど反応は出ていたが、下腿はかなり張りが強かったので少しの変化にとどまった。頚も緩みが出ていたので、お顔の変化もWさん本人に感じていただけた。以前に他で受けた美容鍼ではご主人は変化に気づいたが、当の本人はあまり変化に気付けなかったことがあったので、とても嬉しく思った。

・同時に治療した症状
緊張型の胃腸症状、むくみ、

・使用した主なツボ
頬車、百会、中かん、さん竹、照海、足三里、自律心体療法

・考察
今回は時間の都合上、きっちり1時間で最初のカウンセリングから施術後のアフターカウンセリングまでを終わらせ(カルテの記入もあったので、実質50分ほど)しかも本人でも見てわかる結果を出さなくてはいけなったので、正直プレッシャーを感じたが鑑別から施術まで無駄なことなく進めていくことが出来たので、良い結果につながったととても自分自身満足だった。今度いらしたときは運動と食事のお話などもしていき、血流改善のためのお話をしていこうと思う。