美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例17

【美容鍼、症例17】
・患者像
Tさん 50代 女性

・来院
2016.11

・症状
主訴:リフトアップ、ほうれい線、目の下のたるみ
いつの間にか、落ちてしまっていた頬周りのたるみやほうれい線があった。普段からのケアのおかげで、そこまでお肌の状態は悪くないがなんとなく疲れがたまっていそうな印象を受けた。


Tさん 50代 女性.jpg


・治療経過と内容
治療方針:こり固まってしまっている身体全体の筋肉を緩め血流を改善していく
お腹の硬さや頚や頭の硬さを緩めていき、血液の流れが悪くなっているので改善していく

・同時に治療した症状
過敏性の胃腸症状、むくみ、頚のこり

・使用した主なツボ
百会、中かん、天柱、風池、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察
手術も経験されているので、胃腸の働きもとても良いわけではない。ただ、手術から10年も経っているので、今後の手術はなさそうだが、体調管理も含め継続施術の大切さを伝えていった。頚のこりも相当な硬さになっていたので、頚周りも今後も必須の施術になる