美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例24

【美容鍼、症例24】
・患者像
Oさん 30代 女性 千葉県鎌ケ谷市

・来院
2016.11

・症状
主訴:口周りのニキビ、左顎関節、左頬まわりのむくみ
夜勤などの仕事もある方で睡眠が不安定になりやすい。顎関節周りが腫れてくるとほうれい線が出てきたりお顔のバランスが悪いことが、全ての症状をさらに悪くさせている。ニキビは大きいものが減りだしているが、小さいものが増えてきている。


Oさん 30代 女性 千葉県鎌ヶ谷市.jpg


・治療経過と内容
治療方針頚のこりを緩和させ、お顔の血流を改善していく
足が冷えていて、顔に熱が集中していることがニキビの最大の原因になっている。頭にある熱を血流が悪くなることで、下にさげられないことが原因になっているので、それを改善させていく。

・同時に治療した症状
むくみ、頚肩コリ、にきび

・使用した主なツボ
陽池、天柱、風池、さん竹、し竹空、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察
仕事明けの日は一件体調は良さそうに見えるが、睡眠がとれていないとニキビも出やすくなっているので、30分でも仮眠をとってから出かけられるような状態を作っていけるとさらに改善していくだろう。