美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例29

【美容鍼、症例29】
・患者像
Tさん 30代 女性 千葉県船橋市

・来院
2016.11

・症状
主訴:頬周りのたるみ、ほうれい線、目の疲れ
頬周りのたるみが気になり来院。たるみがあることでほうれい線もでてしまっていた。目を酷使するお仕事だったことで、頚の張りも強くケアもそこまでしていなかったので、段々とたるみがひどくなっていった。


Tさん 30代 女性 千葉県船橋市.jpg


・治療経過と内容
治療方針頬周りのたるみの解消と頚周りの緊張改善によって、リフトアップすること
頬周りのたるみの原因を聞いたところ仕事が多忙になっていることによっての疲れ感をあげられました。目の疲れも解消することで、よりたるみも解消していくと考えられる。

・同時に治療した症状
足のむくみ、頚肩コリ、胃腸の張り

・使用した主なツボ
百会、中かん、風池、さん竹、三陰交、陽稜線、自律心体療法

・考察
仕事の時間が増えて疲れが残るようになり、体調管理も大変になってきていたところにお顔の状態も気になりだしたので、睡眠の質を改善できるようにしておくと、また以前のような姿に戻れると思う。普段から美意識の高い方なので、すぐに戻れると考えられる。