美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例32

【美容鍼、症例32】
・患者像
Oさん 30代 女性 千葉県鎌ケ谷市

・来院
2016.11

・症状
主訴:口周りのニキビ、左顎関節の歪み
以前に症例報告をした方であるが、ニキビが大きく出てきてしまった。本人いわく生理前で少し遅れていたということを言っていたので、ホルモンバランスが小さく乱れたことが原因か?と考えられる。左顎の歪みは少しづつ左右差もなくなっているので経過を見ていく。

Oさん 30代 女性 千葉県鎌ヶ谷市(2).jpg

・治療経過と内容
治療方針自律神経の乱れとホルモンバランスを整え、身体の状態をあげていく
ホルモンバランスが乱れているので、自律神経の調整をしていくことで、体の不調を取り除いていくことをしている。仕事が忙しいことと睡眠が良くとれていないことが自律神経やホルモンバランスをさらに崩させてしまっているので、今の仕事のリズムの中で出来ることなどを伝えていった。

・同時に治療した症状
頚肩コリ、胃腸の張り、足の冷え

・使用した主なツボ
百会、中かん、天柱、風池、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察

今回は仕事が忙しいこと、睡眠がとれていなかったことと、さらに生理が重なってしまい、お顔のニキビがひどくなってしまっていた。自律神経が整えば何もかもうまく流れていきそうだが、なかなか仕事のプレッシャーもありリラックスしにくい状況である。まずは施術+セルフケアで副交感神経が優位になってくるように施術を継続していく。