美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例36

【美容鍼、症例36】
・患者像
Sさん 20代 女性 千葉県船橋市

・来院
2016.12

・症状
主訴:二重あご、目が疲れやすい、頬のむくみ
二重あごになってしまったのは、仕事が忙しいので、食事の時間が短く急いで食べなくてはいけなくなってしまったので、噛むことをしなくなってしまったことが原因。目が疲れやすいのも1日PCで多い日には10時間にもなる。頬のむくみは平日の食生活が乱れ、炭水化物が多くなっているとの事。


Sさん 20代 女性 千葉県船橋市.jpg


・施術経過と内容
施術方針お顔全体のリフトアップと胃腸の治療
施術後は目の疲れも取れ、目の開きも良くなった。フェイスラインもそこまで劇的に変化しなかったが、少しスッキリ感がでた。頬のたるみも少し改善されたので、ほうれい線も薄くなった。

・同時に治療した症状
下腿の張りと冷え、胃腸の張り

・使用した主なツボ
百会、さん竹、中かん、風池、太衝、足三里、自律心体療法

・考察

食生活の改善が特に優先だと感じた。平日のお昼の件もそうだが、間食もチョコレートを摂っていたりなどお身体の状態を改善できるアドバイスをすることが出来た。さらにの経過を見ていく。