美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例39

【美容鍼、症例39】
・患者像
Tさん 30代 女性 千葉県船橋市

・来院
2016.12

・症状
主訴:頬のたるみ、おでこのしわ、ほうれい線
全体的な顔のたるみが気になってしまっての来院。以前はそこまで気にならなかったが、最近は仕事も忙しくなり夕御飯を食べるのも遅くなってしまうことがほとんどになってしまったとの事だった。

Tさん 30代 女性 千葉県船橋市(2).jpg

・施術経過と内容
施術方針胃の機能改善とたるみの改善

元々、お肌は強いとの事だったが、仕事の忙しさが続いてしまったことで、胃の疲れが出てきてたるみの原因につながってしまった。施術後はお顔全体のたるみが消え、リフトアップも出来ていた。

・同時に治療した症状
足の冷え、胃腸の張り、頚のこり

・使用した主なツボ
さん竹、し竹空、中かん、風池、足三里、自律心体療法

・考察

デスクワークで目の疲れもあり、頚のこりもとてつもないぐらい硬くなっていた。まだお仕事の忙しさは続くようなので、美容鍼での施術と自宅などでのセルフケアを同時に行うことで、気になるところを一つづつ減らしていく。