美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例47

【美容鍼、症例47】
・患者像
Yさん 20代 女性 千葉県柏市

・来院
2016.12

・症状
主訴:美肌、身体の健康
肌荒れ、ニキビ、毛穴が気になるということで来院。身体の状態も悪くなっている。寮に入るようになってからが特に悪い。手のむくみ、冷え、お腹の張り、生理不順、睡眠の乱れ、身体のだるさなどが症状としてでている。

Yさん 20代 女性 千葉県柏市.jpg

・施術経過と内容
施術方針食習慣の改善と自律神経の調整

自律神経の乱れが特に強く、食習慣も乱れもあることで悪循環になってしまっている。自律神経の治療を中心に行い、何回かに一回はお肌の状態も改善させるために施術していく。特に身体の状態が悪すぎるので、先に身体の状態を改善させていくことで、少しづつ身体の回復機能も高めていくことを優先する。

・同時に治療した症状
胃の冷え、硬さ、自律神経調整、循環改善

・使用した主なツボ
百会、合谷、中かん、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察

あまりにも身体の状態が悪すぎて体調が優れないのと、食習慣が良くないことで肌荒れにもつながっていた。自律神経が整ってくれば、お肌の状態改善の施術をしなくても多少良くなってくるので、まずはYさんと相談して身体の状態を改善させることを優先させることにした。