美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例48

【美容鍼、症例48】
・患者像
Mさん 30代 女性 千葉県船橋市

・来院
2016.12

・症状
主訴:顔のむくみ、フェイスラインを上げたい、自律神経の乱れ
お仕事の忙しさから身体のむくみ(特に顔)が出てきていて、胃腸の状態も悪くなっていき背中の張りにもつながっていた。


Mさん 30代 女性 千葉県船橋市.jpg


・施術経過と内容
施術方針自律神経の調整と頚の張りの改善をして身体全体の血流を良くしていく

1回目の施術から良い状態が持続できていた。見た感じでも小顔のままが維持できている。頚の張りを継続的に緩めておくことで、顔のむくみがなくなり、笑顔も作りやすくなってくる。

・同時に治療した症状
胃の硬さ、自律神経調整、足のむくみ

・使用した主なツボ
百会、合谷、中かん、太けい、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察

今まで自律神経の治療を継続していたので、お顔の維持はしやすいと感じられた。ただ、普段の疲れが蓄積してしまうので、睡眠時間や食事の管理は指導し続けていく。自宅灸もしていただいているのも体調管理に役立っている。