美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例62

【美容鍼、症例62】
・患者像
Kさん 20代 女性 千葉県千葉市から

・来院
2017.1(初診:2016.10)

・症状
主訴:ニキビ、くすみの改善
ニキビが頬から口の周りまでに広がりなかなか治りづらくなっている。原因としては運動をずっとしていたので、そのときの汗をかいてそれがお肌を過敏にさせているのではないかということだった。食事のバランスが悪く甘いもの(オレンジジュース、ココア)を特に多く採っていた。

Kさん 20代 女性 千葉県千葉市から.jpg


・施術経過と内容
施術方針:ニキビとくすみのケアと食生活の改善の指導
7回目の施術。施術後はだいぶ落ち着いていたが、年末年始を挟んでお菓子の間食などで少し食生活が乱れてしまったために小さいニキビがポツポツと出てきてしまった。またお仕事が始まり今までの良かった食生活にもどってお肌の状態も改善していくように取り組んでいく。

・同時に治療した症状
お腹の冷え、便秘、頚のかたさ、のぼせ

・使用した主なツボ
百会、合谷、風池、中かん、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察

食生活の乱れと便秘が重なることでニキビの状態が出てきやすい状態になっている。普段の生活に戻ることで食生活は良い状態に戻せるので、便秘の解消のために水分を多く採ったり、運動を再開することなどの指導を伝えてどのように変わったかを次回に聞いていく。