美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例64

【美容鍼、症例64】
・患者像
Tさん 40代 女性 千葉県市川市から

・来院
2017.1(初診:2017.1)

・症状
主訴:目の下の小じわとたるみをとりたい、
昨年に目の下の脂肪を取り除く手術をした。その後に少しづつ戻る感じがしていて来院。週2日のお仕事だがそれ以外にも娘さんの受験などでストレスや睡眠不足などがあり、忙しく疲れも取れにくくなっている。

Tさん 40代 女性 千葉県市川市から.jpg


・施術経過と内容
施術方針:目の下の小じわとたるみ
1回目の施術。施術後の目の開き方は改善した。頚の緊張なども強くストレス状態がまだ続くので2月の初旬まではしっかりと保湿や温めなどのセルフケアをお伝えしていく。

・同時に治療した症状
お腹のかたさと力のない場所の二極化、頚の張りと緊張、足の冷え

・使用した主なツボ
百会、合谷、風池、中かん、陽陵泉、足三里、自律心体療法

・考察

お腹の状態は腸に関連する部位に力のなさがあった。10代の頃から便秘薬を長期間飲んでいたことによって腸の動きが悪くなってしまったと考えられる。運動や血流を良くしていくことで、少しでもお腹の動きが戻ってくるようにサポートしていく。