美容のお悩みと対策

▼ 美容鍼 症例76

【美容鍼、症例76】
・患者像
Mさん 20代 女性 千葉県市川市須和田から

・来院
2017.2(初診:2017.2)

・症状
主訴:お肌の乾燥、むくみ、頬のライン
花粉症でお肌が荒れやすく、化粧を落とさないで寝てしまうことがあるので、お肌が荒れてしまう。化粧のノリも悪い。手足の冷えもひどく、肩こりや足の重さも気になってしまう。


Mさん 20代 女性 千葉県市川市須和田から.jpg


・施術経過と内容
施術方針:胃腸の機能を改善させ、免疫を高め花粉症対策をしていく。血流を改善させることによってお肌の調子を整えていく。
施術経過:1回目の施術。目の開きは改善した。フェイスラインのむくみ感はそれほど変化がなかったが、体が温かくなったということも仰っていたので、血流は改善できた。後は積み重ねをしてキープする力が養われるとフェイスラインも変わってくる。

・同時に治療した症状
頚肩のこり、手足の冷え、花粉症

・使用した主なツボ
百会、風池、さん竹、中かん、三陰交、足三里、自律心体療法

・考察

運動も出来ていないので、むくみ感はすぐに改善してこなかった。よく食べてしまうので運動などでその辺の改善もしていかないと変化はしてこないと考えられる。