船橋市の美容鍼 energy HOME > 美容のお悩みと対策 > 鍼はなぜ美容に効くのか?

美容のお悩みと対策

▼ 鍼はなぜ美容に効くのか?

こんにちは!!
健美鍼灸整体salon energyの茂木です(^-^)


今日はなぜ鍼が美容に効果があるのかお話をしていきますね。


美容鍼はまだまだ基礎研究が少ないため、解剖生理学的な観点、類似の研究による裏付けからの情報になりますが、
ポイントは大きく二つあります。

一つ目は血流を促すこと。
鍼を刺すと身体は異物が入ってきたと認識します。
すると免疫の働きが活性化して、血液が集まってくるので、血行が促進されます。

この免疫反応が活発になると時に、インターロイキンという因子が働くのですが、
この因子はコラーゲンなどを作り出す線が細胞を刺激します。

繊維芽細胞は古くなったコラーゲンなどを処理することもできるので、美肌には必要な細胞なのです。


二つ目はマイクロトラウマ。
マイクロ=小さな
トラウマ=傷

肌に小さな傷をつけることで、上記のように傷を治そうと免疫反応が活発になります。


傷を治す過程は3つに分かれていた、炎症相、増殖相、瘢痕相とあります。

この増殖相の時にコラーゲンやエラスチンなどの産生が増えると考えられています。

肌のターンオーバーというと、28日かけて表皮の細胞が入れ替わり、そこから2週間ほどかけて垢として剥がれていくので、
4~6週間と言われています。


しかし、繊維芽細胞がある真皮は4~6年も期間がかかるのです!!
そして線維芽細胞は年齢と共に減ってきてしまいます。

なんだかぞっとしますね・・・(+_+)


だからこそターンオーバーを促すことが大切なのです。

肌の真皮層から肌をしっかり改善する為にも、
美容鍼をぜひお試しください(^-^)

最後までお読みいただきありがとうございます。

energy
茂木 紗央里