美容のお悩みと対策

▼ 肌とは?

みなさんこんにちは!!

健美鍼灸整体salon energy院長の茂木です。

今日は皮膚についての基礎知識をお伝えしていきますね。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からなっています。

表皮は皮膚の表面を覆う上皮で、角化した上層扁平上皮でできています。

角化とは細胞内に「ケラチン」というたんぱく質が蓄積して、細胞が硬くなる現象のことを言います。

表皮の深層で生じた上皮細胞は表面に向かいながら角化していき、約4~6習慣かけて垢として剥離していきます。

表皮は下から基底層・有棘層・顆粒層・淡明層・角質層と別れていて、基底層にはメラノサイト(メラニン産生細胞)があり、作ったメラニンを周りの上皮細胞に渡しています。

これが押し上げられて肌が黒くなのです。このメラニンは女性にとってはしみの原因や美白を遠ざけるものなので、悪者になりやすいのですが、元々は肌を守るために必要なものです。

メラニンが生成されなければ、紫外線のダメージが真皮まで届きお肌がボロボロになってしまいます。

なので、メラニンにはしっかり働いてもらい、垢として剥離してもらうことが大切!!

つまりターンオーバーを乱さないということですね。

もちろん一番は生活習慣です。睡眠・食事・運動のバランスはとても重要ですね。

まずは自分でできるところから生活の見直しを始めてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

健美鍼灸整体salon energy
茂木 紗央里