船橋市の美容鍼 energy HOME > 美容のお悩みと対策 > 二重あごになってしまうわけとは・・・?

美容のお悩みと対策

▼ 二重あごになってしまうわけとは・・・?

みなさんこんにちは!!健美鍼灸整体salon energyの茂木です(^-^)

フェイスラインを崩す原因でもある「二重あご」

普段自分では感じづらいですが、写真を撮られたりすると目がいってしまって、とても気になりますよね。この二重あごになる原因を筋肉の観点からお伝えしていきます。


二重あごになる原因は広頚筋、口角下制筋、下唇下制筋の拘縮・萎縮と顎二腹筋、顎舌骨筋の弱化と言われています。広頚筋は鎖骨周りの筋肉から始まり、下顎骨や口周りの筋肉に止まります。
筋肉では珍しく、骨につくのではなく、他に筋肉についているのです。働きとしては、口角を下げる働きを持っています。
口角下制筋は下顎骨から始まり、口角に止まります。口角や上唇を下げる働きがあります。
下唇下制筋は、下顎骨の前面から始まり、下唇の皮膚に止まります。下唇を下と外方向に引く働きがあります。


これらは鍼を使って緩めたり、筋肉のストレッチをすることで硬さを取っていきます。
顎二腹筋は二つに分かれていて、下顎と耳の後ろの乳様突起から始まっているもに分かれ、舌骨という骨に止まります。顎舌骨筋は下顎から始まり、舌骨に止まります。
どちらの筋肉も口を開けたり、舌骨を引き上げるのに働きます。

この二つの筋肉が二重あご改善のポイントになるのです。
この二つの筋肉の力が弱まってしうことが原因になるので、この筋肉を引き上げてくれる「天容」というツボを使っていきます。
顎二腹筋まで刺入することができるので、フェイスラインの引き上げに効果を発揮するんです!!ズーンと響くような独特な感じがありますが、効果の一つなので問題はありません。

夏に向けて頚肩回りが露出が増える前に、二重あごの改善をしていきましょう(*^▽^*)

最後までお読みいただきありがとうございます。
energy 茂木紗央里