船橋市の美容鍼 energy HOME > 美容のお悩みと対策 > ホルモンバランスを整えるには・・・?

美容のお悩みと対策

▼ ホルモンバランスを整えるには・・・?

みなさんこんにちは!!
健美鍼灸整体salon energyの茂木です(^-^)
前回にニキビとホルモンバランスについてお話をしたので、その続きをしていきます。。

ホルモンバランスが乱れることによって、ニキビできやすくなるとお伝えしました。では、そのホルモンバランスを整えていくにはどうしたらいいでしょうか?
ホルモンバランスを調整しているのは、自律神経です。なので、この自律神経に鍼灸を使ってアプローチしていきます。
背中、首、肩やお腹の硬さや筋肉の緊張具合、身体の冷えの状態などを診ていきます。
自律神経が乱れ、働いたりストレスを感じた時に優位になる交感神経が活発になりすぎている時は、首肩背中、お腹の硬さが非常に出やすいです。
そうなると、横隔膜の動きも悪くなり、呼吸が浅くなってきます。呼吸が浅い胸式呼吸になると、さらに交感神経優位の状態になるという悪循環が出てきてしまいます。
筋肉のやお腹の硬さを取り、呼吸をしやすい状態にし、身体がリラックスしやすい副交感神経優位の状態にしてきます。

このように、鍼灸を使い自律神経のバランスを取るもの必要ですが、日常生活の中でも自律神経のケアをしてもらえると、さらに治療効果は高まります。
今日は2つご紹介しますね。

1つ目は、先きほども出てきました呼吸法です。無意識の呼吸では、つい浅くなる胸式呼吸をしてしまうことが多いので、腹式呼吸をするようにします。
吸う時にお腹の奥の方まで空気を入れるようにお腹を膨らませていき、吐くときにお腹をへこませます。
この時に意識したいのが、吸うことよりも吐くこと。しっかり吐き切ることで、自然と深く呼吸しやすくなります。
意識は吐くことに持ってきて、お腹を使って呼吸をしてみて下さい。

2つ目は、爪もみです。
手の指の爪の付け根のところを反対の手で挟むようにして軽く押していきます。
1本につき10秒ほど、気持ちいい程度で十分です。ただし、薬指は交感神経を刺激してしまうので、原則やらなくていいです。
そしてこの時も呼吸は吐くことを意識してやってみて下さい。

爪もみ.png

どちらも通勤など合間やついででできるようなケアなので、ぜひ日常にちょっと足してみて下さいね。
日々の小さな行動も積み重なるとかなり大きな体の変化として現れてきます。
自律神経、ホルモンバランスを整えて、ニキビのできにくい体質をゲットしましょう(^-^)


最後までお読みいただきありがとうございます。
健美鍼灸整体salon energy
茂木 紗央里


オススメ記事はこちら↓↓↓
☆月経前になるとニキビが増える・・・。
☆おでこのしわやニキビの原因
☆ニキビ肌にはデトックス機能を高める