船橋市の美容鍼 energy HOME > 美容のお悩みと対策 > 鼻のてかり、頬のむくみ【症例報告】

美容のお悩みと対策

▼ 鼻のてかり、頬のむくみ【症例報告】

【患者像】M.Oさん 20代 女性 パート
【来院】平成30年 5月
【症状と来院理由】主訴:鼻のてかり、むくみ
鼻のてかりと頬のむくみの改善で美容鍼でご来院。汗をかきやすく、特に顔と脇と背中に出る。
お化粧をしてもマットなメイクが出来ない。むくみは、朝が一番ひどく夜になるにつれて段々良くなってくる。
目とフェイスラインにできやすい。

【治療内容と経過】
<治療方針>
冷えの改善、脾気を補う。

<治療経過>
現在2診目を終え、毎日計っている体温が上がってきたとのこと。
足、お腹、背中全て冷えが強く、お腹に固さがある。
美容鍼でご来院されましたが、極度の冷えと生理不順、便通も良くないことから、
2回目の治療から全身治療に切り替えて治療を開始している。
便通は、3~4日出ない日が続くが、出ると下痢であることが多い。

【同時に治療した症状】特になし。
【使用した主なツボ、手技など】陰陵泉、足三里、中かん、脾兪、下腿のオイルトリートメント。

【考察】
強度の冷えと、下痢、むくみ、生理不順があり、食生活も乱れていることから、
気虚が進み陽虚になっていると考え、脾陽虚と診立てた。
陽虚は、冷えが特徴的であることと、血於、痰飲、浮腫の症状もみられ、今回の症状に当てはまっている。
今後は食事指導もしながら、全身を温め、虚弱を補う治療を続けていく。