船橋市の美容鍼 energy HOME > 美容のお悩みと対策 > 症例報告【頬のたるみ、ほうれい線、笑ったときのシワ、むくみ】

美容のお悩みと対策

▼ 症例報告【頬のたるみ、ほうれい線、笑ったときのシワ、むくみ】

症例【頬のたるみ、ほうれい線、笑ったときのシワ、むくみ】

【患者像】32歳 女性
【来院】平成30年5月
【症状と来院理由】主訴:頬のたるみ、ほうれい線、笑ったときのシワ、むくみ
写真や電車の窓に映った自分を見ると、気持ちが下がってしまう。子供たちと触れ合う職業で、子供たちの親御さんと会ったときの自分の印象も気になるようになった。自分の印象を変えたくてご来院。

【治療内容と経過】
<治療方針>
むくみ改善、冷えの改善(血流促進)

<治療経過>
2診目:肌の感じが良い。トーンも変わる。フェイスライン上がった。
4診目:首こりなくなった。目が開きやすくなった。顔が一回り小さくなった。
10診目:顔がむくまなくなった。

【同時に治療した症状】なし
【使用した主なツボ、手技など】関元、三陰交、太淵(皮内鍼)、魚腰、けん髎、地倉、目尻に皮内鍼
【考察】
全身のむくみ症状をとることで顔のむくみもとっていった。8診目まではむくみが安定せず、すっきりした日とむくむ人繰り返していたが、9診目過ぎた頃にむくみも安定してきた。今は月に1回の治療で安定しているので経過を診ていく。