美容鍼について

初回の施術から変化がわかる当院の美容鍼をご紹介します!

血行を促進させ、きめ細かい肌を実現します。

鍼の最大の効果は、鍼を刺した局所的な反応として血液循環が改善されることにより起こる「血行の改善」です。

なぜ、鍼が血行の改善につながるのかというと、身体は鍼が刺入されることで、「異物により生体組織が破壊された」と認識し、それを除去しようとする反応が起こります。その後、免疫的な反応が起こり、毛細血管の血行が促進され、反射により血液循環が改善されるのです。

これらの血液循環作用により、くすみが改善され肌が艶やかになり、ターンオーバーが促進されることで、キメが整うことが見込めます。

ハリツヤが失われたるんだ肌を、美容鍼の最先端技術で蘇らせます!

肌の表皮のサイクルはおおよそ28日と言われています。そこから約2週間で角質が剥がれ落ち、  およそ6週間あれば入れ替わります。  

しかしその奥にある真皮層は、紫外線などでダメージを受けた真皮層の回復に4~6年かかります。その際は、ゆっくりと代謝されていきますが、4~6年エイジングが進んでいきます。

また、40代以降は細胞からコラーゲンが産生されにくくなるため、修復されにくく、たるみが生じるようになります。

美容鍼は非常に細い鍼を使って行うことで、修復過程で回復を促し、コラーゲンやエラスチンなどの産生が促進されるようになります。つまり、真皮層に微細な傷をつけることで、細胞の修復する力を蘇らすことで、コラーゲンやエラスチンの産生を促すと考えられています。これが肌のハリにつながると考えられています。                 

皮膚科医師の推薦をもらった技術です!

「美容鍼は、元気で美しく生きていきたい、という一人一人のご要望に丁寧にお答えできる素晴らしい技術だと思います。」

私は、皮膚科医として日々多くの患者様を診療しています。皮膚科医としてはある程度の自信はあるのですが、恥ずかしながら鍼灸のことは全く知りませんでした。

西洋医学を中心とした医療の現場では、鍼灸は果たして効くのか?エビデンスがあるのか?という漠然とした疑問があり、医師の中では否定的な考えを持っている人少なからずもいます。

しかしなが、鍼灸を受けて体調が良くなった、痛みが取れたなどの意見も聞いたこともあります。

そこで、私自身も鍼灸について勉強し、さらに、上田先生とともに美容鍼灸により効果についてデータをとってみることにしました。その結果、肌の水分量・油分量は上昇し、シワの数が減り、さらにたるみが改善されたことがわかりました。(第27回日本臨床皮膚科医会学術大会にて発表)

美容鍼は、元気で美しく生きていきたい、という一人一人のご要望に丁寧にお答えできる素晴らしい技術だと思います。高齢化社会にあたって、さらに需要も増えていくでしょう。また、皮膚科のみならず整形外科・内科・歯科・介護などいろいろん分野と連携ができれば、患者様の満足度もさらにアップすると思われます。

美容鍼灸は米国から始まった施術方法だと聞いていますが、日本美容鍼灸マッサージ協会の設立により、日本国内で施術内容は進化してきています。日本式が世界へ広まる日もそう遠くはないと思います。美容鍼灸により、世界中の人たちが元気に、幸せに生きていけますように、心から願ってます。

 

ハリウッド式美容鍼を受けるとこのような効果が期待できます!ッド式美容鍼を受けるとこのような効果が期待できます!

顔に対する効果

〇コラーゲン、エラスチン産生の促進をする
〇筋肉の硬さを緩める
〇筋肉の弱化を改善し、強くすることができる
〇肌にハリ艶を取り戻す
〇むくみや目の下のクマを改善する
〇顔の血流、リンパの流れを増大させる
〇顔のくすみ、顔色を改善させ、輝きを取り戻す
〇顔面神経麻痺、三叉神経痛、顎関節症、脳卒中などの症状を緩和する
〇免疫の改善をする

局所的に鍼を刺入することにより微細な傷が作られ、生体組織の破壊により細胞修復機能が目覚め、組織を修復しようと細胞が活性化して、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分が産生され修復している。肌の悩みによるストレスが緩和され、顔が変化したあとの満足感があなたに幸福感をもたらすこととなります。

~全身に対する効果~

〇ニキビを改善する(ホルモンバランス、ストレスによるもの)
〇婦人科症状の改善をする(更年期障害、PMS、月経不順など)
〇鼻や喉の症状を改善する
〇頭痛を緩和する
〇自律神経の乱れを改善する
〇自律神経症状を改善する(胃腸の消化機能、めまい、不眠)
〇うつを緩和する

全身施術をすることで、ホルモンバランスが整いホルモンのアンバランスから出ているニキビが改善する。肌の悩みと身体の症状が同時に改善され、自律神経が整い、免疫力が上がる。

このような方にはおすすめできませんのでご注意ください

1.抗血液凝固剤を使用している方

服用している場合は、内出血のリスクが高くなります。最初の説明で服用の有無をお伺いすることがあります。初回の施術では少ない本数で施術していきますので、内出血のリスクを極力低くしていきます。

2.重度の偏頭痛を持っている場合

発作が出ると生活に支障をきたすほどの重度の偏頭痛を持っている場合は、刺鍼により発作を引き起こす場合があります。

3.ボトックス治療を受けている方

3ヶ月以内にボトックスを受けている場合は、ボトックスを受けた箇所を避ける必要があります。それは、ボトックス部位に鍼を刺入すると、刺入部位の血流が改善されるためボトックスの排出を早めてしまいます。通所のボトックスの効果は4ヶ月から半年で代謝。排出されると考えられており、最短でも3~4ヶ月は空けたほうがいいと思います。

4.フェイスリフト手術後

フェイスリフト手術の場合術創が安定する3ヶ月以降に行うことが望ましいと言われています。そのほかでは、患者様本人が担当医に確認をとった上で、行うなどのリスク管理が必要になります。

5.金の糸施術を受けたばかりの方

金の糸施術後の場合は、術後2ヶ月以上の期間を空けてから行う方が良いとされています。これも術後2ヶ月程度で行う場合は、患者様から主治医に確認するように指導をし、安全に行うことを優先しています。

6.免疫が低下してる場合

免疫力が低下している場合には、感染症や好転反応が起こるリスクが高く、ドーゼの問題が必ずあるため鍼の本数を少なくするなど配慮しながら行っていきます。風邪や急性アレルギー反応、妊娠期間は避けて行うと良いでしょう。